第2回アフリカフェスタ

こんにちは!

この度記事を担当するのは、

4月から大阪大学外国語学部のスワヒリ語専攻を中心に発足した〈ASANTE PROJECT 大阪支部〉です。

さて、少し前の出来事になってしまいましたが…

今回は、6月24日(日)に大阪の池田市の石橋商店街で開催された

〈第2回アフリカフェスタ in大阪〉

についてご紹介したいと思います!

 

 

見どころ①:アフリカ雑貨が手に入る!カラフルなブース

大変暑い日でしたが、たくさんの人が訪れていました。

アーケードには様々なアフリカに関する団体が立ち並び、商店街が一気にアフリカ一色に…!!
アサンテプロジェクトの大阪支部もブースを出させていただきました。

(メンバーが渡航の時に撮ったタンザニアの子どもたちの写真も。)

 

まず目をひくのはアフリカンマーケット!!

店頭にはケニア、タンザニアなどの東アフリカで広く利用されているカンガという布で作られた服、可愛いアクセサリー、ルワンダのクッキーやチャイ(お茶)、さらにはバオバブオイルの石鹸まで…

(シュシュにブレスレットにリングノート…かわいい顔のたわしまで!?)

 

アフリカらしいカラフルでステキなもの、そして普段はなかなか買えないものもたくさん並べられていました!

(東アフリカの内陸国、ルワンダのテイストのナチュラルスイーツ。)
(店頭には洋服もたくさん!! どれを買うか迷ってしまいます…)
(バッグ、アクセ、キーケース。お気に入りのものがきっと見つかるはず!)
(日本では手に入らないようなエスニックなデザインのアクセサリーは、とても魅力的。)

 

(目を引くようなど派手な洋服たち。見ているだけで楽しくなります。)

 

(いろんな柄のいろんな商品。どれもお手頃価格。)
(独特な模様のおサイフ。バオバブの木にはキーホルダーが。)
(アフリカンファブリックブランド、『Kokoperi』さんのお洒落な小物。)

 

これらの商品はケニアギニアスーダンなど、アフリカのあらゆる地域から来たものです。中には、ケニアのスラムで女性や若者たちが作ったものだったり、孤児の救済を行う団体が協力して作られたものだったり…。
大体の場合、収益は現地の人々へと届けられます。

 

 

見どころ②:賑やかなパレード!

 

アフリカフェスタの見どころはアフリカンマーケットだけではありません!
パレードではアフリカの愉快なダンスが太鼓に合わせて商店街を一気に盛り上げます!!

(歓声と太鼓の大きな音が商店街中に響き渡ります。)

 

パレードのあとは子供たちも一緒に踊りに参加してくれました。
みんなとっても上手✨

(手や足をめいっぱいに動かして、体全体でアフリカのダンスを体験。)

 

また、彼ら以外にも、その他何人ものミュージシャンが素敵な音楽やダンスを披露してくださいました。

大阪大学のサークルの1つで、ギニアやマリの伝統的な太鼓とダンスを軸に活動していらっしゃる『Talibe』さん、ギニアのマンリケ族の村に伝わる、伝統音楽や祭り、文化を再現してくださった『Donidoni』さん、などなど…。

激しくリズミカルなダンスも、ゆったりめの美しい音楽も、どのステージも大盛り上がりでした!

 

見どころ③:アフリカ関係者のトークイベント

さて、トークイベントもアフリカフェスタの一大イベントです。

このフェスタの主催者であり、自転車アフリカ縦断旅を経験され、現在はルワンダで『キセキ』の店長をされている山田美緒さん、そしてラジオDJ・パーソナリティとして活躍され、フェアトレードショップ『Pamojah』をオープンされた大塚由美さんの対談トークや、

ケニアに29年在住、ケニアのキベラスラムで孤児の救済を行うマゴソスクール主宰者の早川千晶さんと
ケニアのドゥルマ民族の太鼓「ンゴマ」奏者として活躍されている大西匡哉さんの対談トークが開催されました!

 

ここでしか聞けない貴重なお話を聞くことができて、とても有意義な時間になりました✨

私自身もますますアフリカについて興味がわくようになりました!

 

 

アフリカンマーケットからライブ、トークイベントまで、どの団体も非常に盛り上がっていて、

とても素晴らしい1日となりました!

来年にも、第3回アフリカフェスタが開催されるそうです。とっても楽しみですね✨

この記事を読んでアフリカフェスタに興味を持った方々‼ぜひぜひ来年お越しください!!

ASANTE PROJECTって、どんな団体?~部署紹介編~

 

 

こんにちは!

新学期も始まって間もない…ということで、今回は、’ASANTE PROJECTの活動を振り返る’回にしたいと思います。

 

突然ですが、私たちはいつどこでどのような活動をしているか知っていますか?

 

…ASANTEの活動といえば、タンザニアの幼稚園でボランティア?でも、1年間の渡航の数は何回…?普段のミーティングでは何してるの…?

 

なんて、メンバー以外の方々は知らないと思うので…活動理念活動内容、そして部署ごとの活動を改めて振り返っていきたいと思います。

 

――――――――――――

① 活動理念

・現地のニーズを最優先に

・持続的かつ将来性のある支援を

・学生の力で社会に変化を

この3点が、創設当時から大切にしているASANTE PROJECTの理念です。

 

タンザニアの子供たちに学びの場を広げる’ことを目的に創設された当団体ですが、ニーズに合った、持続性のある支援をしたいという想い、そして、’思いで作りで終わらない国際協力の実施’を目指すと言った想いは変わっていません。

また、創設当時から、タンザニアの魅力を伝えるための広報活動も大切にしています。

(第一回目の渡航の様子)

 

ーーーーーーーーーーーーー

②活動内容

ASANTEの主な活動は、’国内活動’と‛現地での活動’の2つに分けられます。

 

〈国内活動〉

週に1度、月曜日に上智大学でミーティングを行っています。時間は大体5限後の18:45~20:30

2時間弱と少し長いように思えますが、話し合う議題が多すぎて時間が足りない!というときもあります。

ミーティングの内容はそのときどきで様々ですが、部署ごとに分かれての話し合い各イベントに向けての話し合い現地渡航に向けての準備などを基本的に行っています。

 

時には、ミーティング内で企画班がワークショップを実施することもあったり、広報班のホームページ記事・SNSでの新たな企画に向けて、全体で案を考えたりすることもあります。

(昨年行ったワークショップの写真です。この回の議題は、「タンザニアクイズ」。当時の一年生メンバーが主導してくれて、とても楽しいWSになりました!)

 

詳しい部署紹介は、また後ほど、、、。

 

〈現地での活動〉

現地渡航は夏期と春期の2回で、タンザニアでは現地コーディネーター(タンザニア人)の下で行動します。

中心的な活動は、各学校における物資支援テキストを使った授業サポート、そして旧支援校・新規支援校の視察など…。

2週間ほどダル・エス・サラームというタンザニアの中心的な都市に滞在します。滞在中はタンザニア人のホストファミリーの家に泊まらせてもらっているので、現地の方々の生活を知れてとても面白いです!

 

現地での生活については、HPの記事で詳しく紹介しているので、そちらをご覧ください。

≪ご報告≫第四回・現地プロジェクトが終了しました!」

タンザニアってどんなところ?特別編!~渡航メンバーにインタビューしてみました~

 

ーーーーーーーーーーーーーー

③部署紹介

続いて、ASANTEの部署紹介です。企画、広報、渉外という3つの部署があります。

それぞれどのような仕事をしているのか、部署長のコメントと共に見ていきましょう!

 

〈企画〉

・渡航日程の調整
・新しい企画の提案、作成
・団体内ワークショップの開催

企画部長に聞いてみました!

・池田優利華さん(上智3年生)

当団体の渡航や活動自体を形づくるタスクが中心です。それ故にやりがいを感じられることが多いです!企画は試行錯誤しながら地道に進めていく面もあり、他部署とのコミュニケーションも大切です。

 

〈広報〉

・各種SNSでの広報活動
・パンフレット、チラシの作成
・ホームページ記事の執筆

広報部長に聞いてみました!

・上田玲菜さん(上智3年生)

広報の仕事といえば、記事の執筆パンフレット作成など、地道で時間のかかる作業が多いです。確かに、仕事量が多くて大変なときもありますが、‘情報を発信することで、もっと多くの人にASANTEの活動やタンザニアの魅力を知ってもらえるかもしれない’と思って頑張っています。

 

〈渉外〉

・企業/他団体様など、外部でのミーティングへの参加
・新規協賛金獲得に向けての企画立案
・依頼書などの文章作成

渉外部長に聞いてみました!

・澤明宏くん(上智3年生)

渉外は協賛金獲得に向けて主に外部への営業を中心に活動しています。

社会人の方とミーティングする際は緊張するときもありますが、とてもやりがいのある仕事だと思います。

 

以上、部署紹介でした!

各部署の仕事内容、何となく想像できましたか?

 

企画班は渡航前に仕事がたくさんあり、広報班は常にSNSやHPの記事を更新しなければなりません。

また、渉外班は企業様・他団体様との交流のために自ら足を運んでいます。

どの部署の仕事も大変だけれど、やりがいを感じられる点も多くあるようですね。

 

アフリカに関心がある、教育支援に興味がある、ボランティアをしてみたい…

 

など、当団体に入った目的はバラバラだったかもしれません。ですが、今ではみんな同じ目標に向かい、日々の活動に専念しています。未だ20人規模の小さな団体ですが、その分ひとりひとりの仕事が重要なものとなっています。

 

他の学生団体と比べ、ASANTEは報告会や写真展のような外部に向けたイベントをあまり行っていませんが、これからもHPSNSを通して、より多くの情報や活動の様子を皆さんに伝えていきたいと思っています。

今後もチェックしていただけると幸いです!

 

1 2 3 4 28

ASANTE PROJECTの活動のご報告

活動のご報告・お知らせ

第2回アフリカフェスタ

こんにちは! この度記事を担当するのは、 4月から大阪大学外国語学部のスワヒリ語専攻を中心に発足した〈ASANTE PROJECT 大阪支部〉です。 さて、少し前の出来事になってしまいましたが… 今回は、6月24日(日) … Read More

企業の皆様からのご支援

[株式会社文運堂]様から、ノート500冊のご協賛をいただきました。

※株式会社文運堂様 ホームページ http://www.bunundo.co.jp ​ 小学生向けノートのパイオニアである株式会社文運堂様は、明治40年代から様々な文房具を販売しています。 文運堂様の像のマーク、そして「 … Read More

現地の写真をぜひご覧ください

現地の写真をぜひご覧ください
現地で撮影した写真を掲載しています

私たちが撮った現地の写真を掲載しております。アフリカの子どもたちの今を、ありのままにお伝えしたいと思っています。もっともっと、笑顔の子どもたちを見られるように活動し、楽しんで学べるよう、学生の目線からの活動を続けてまいります。