支援校紹介第4弾!〜大きな声で元気一杯の子どもたち!Hulika Day Care Centre!〜

支援校紹介第4弾!

 

前回の支援校紹介から時間が経ってしまいましたが、

今回も写真盛りだくさんで

子どもたちの元気な姿を紹介していきたいと思います!

 

今回紹介するのは…

 

Hulika Day Care Centre!

 

今回の渡航では、前回の第3回渡航で視察をおこなった

こちらの学校にも支援をおこないました!

 

それでは、

①Hulikaってどんな学校?

②Hulikaの子どもたちの1日

③勉強熱心!Hulikaの授業の様子

 

の3本立てでHulikaの魅力を

お伝えしたいと思います!

①Hulikaってどんな学校?

 

Hulikaには、baby class(2-4歳)とmiddle class(3-7歳)

の2つのクラスがあり、

合計で51人の生徒が在籍しています。

 

先生はbaby classに2人、middle classに1人で、

校長先生をいれて4人の先生がいます。

 

制服はこちら!!↓

チェックのシャツがとっても可愛いですよね〜❤️

 

 

毎週金曜日にはスポーツデーという、

外で思いっきり遊ぶ日が設けられています!

(ちなみにMadamStella校でも金曜日にスポーツデーが設けられています。)

この日はみんなお揃いのユニフォームを着て1日を過ごします。

私たちも市場で子ども達とお揃いのユニフォームを買い、

広場で一緒に走り回りましたよ〜!

 

 

②Hulikaの子どもたちの1日

 

次に、子どもたちの1日のスケジュールを覗いていきましょう!

 

7:00 登校

                 (スクールバスや徒歩で登校します!)

8:00〜 授業開始

10:00〜 breakfast

     (ポレッジと生徒が各自持参したおやつを食べる時間です!)

10:30〜 授業再開

     (少しの間、外で砂遊びなどをする日もありましたよ〜!)

13:00〜 lunchtime

14:00〜 お昼寝

15:00〜 起き次第下校

 

 

授業の詳細については③でご紹介するとして、

ここではlunchtimeとお昼寝の様子について✨

4人の先生の他にキッチン担当の2人の先生がおり、その方たちが毎日lunchを作ってくれていました!

この日の献立はお豆とご飯とお野菜。

それまで騒いでいた子も一心不乱にもぐもぐ。とっても美味しそう!

お勉強の後のご飯はやっぱり格別ですね!!!

 

ご飯が食べ終わると「全部食べたよ〜」と見せてきてくれました!

 

 

ご飯の後はお昼寝の時間です。

食器を片付けて手を洗って、準備のできた子から

ござのようなものの上に寝転がって行きます!

子どもたちの寝顔ほど可愛いものはありません〜!

 

一時間たっぷり寝て、下校に備えます。

 

 

 

③勉強熱心!Hulikaの授業の様子

 

それでは次に、Hulikaの授業見学をして行きましょう!

 

Hulikaでは、baby classは

Arithmetic、English、Science

の3つの科目を時間は決めず、

子ども達の様子を見て臨機応変に行います。

middle classは以上の科目に加えて、

SwahiliやDrowingの授業も行われており、

どちらもオールイングリッシュでの

授業となっています。

 

先生たちは、

繰り返しや歌を混ぜた授業を大切にし、

子どもたちの集中力をたもっていました。

私たちが用意した色のポスターを使って授業をしてくれている様子です!

 

 

また、宿題を1人1人確認していくなど

個人へのケアが行き届いていると

感じました✨

 

 

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

*最後に

Hulikaは、他の学校に比べ物資設備も整っていますし、

先生もとてもスムーズに授業を行っていました。

その為、私たちAsanteの支援は今回の渡航で終了することに

決定しましたが、次回の渡航でも

子どもたちの様子を必ず見に行き、

交流を絶やさないようにしたいと思っています!

 

 

――――――――――――

ASANTE×requpo新企画進行中!

あなたのキレイが誰かのミライに

あなたがキレイになれば、

アフリカの子どもたちのミライにつながります。

「あなたのキレイが誰かのミライに」

一度、試してみませんか?

参加方法はとってもシンプル。

専用URLからアプリをダウンロード↓

ASANTE専用リンク

アプリを使って美容室に行く。

詳しくはこちらから!

今、話題沸騰中のベンチャー’requpo’×Asanteの共同企画!募金でも寄付でもない。新しい国際支援のカタチを提案します!

「タンザニアってどんなところ?」シリーズ第13弾!~カラフル、にぎやか!タンザニアの風景①~

 

 

ご無沙汰しております。

「タンザニアってどんなところ?」シリーズ、久しぶりの更新になります。

 

今回のテーマは、〈タンザニアの風景〉

にぎやかでカラフルなタンザニアの街の様子や、街中で見つけた不思議な看板・標識などを紹介していきたいと思います。

 

 

1.街の風景編

‘タンザニアの街並み’と聞いても、なかなかピンと来る人はいないのでは?

街の様子を一言で表すなら、「カラフルでにぎやか」という感じでしょうか。

 

街を歩いていて聞こえてくるのは、挨拶を交わす声や楽しくおしゃべりする人々の声。

タンザニアでは、すれ違っただけの人や、偶然バスで隣に座った人といつの間にか友達になっていることも少なくないです(笑)

 

また、目に入るのはカラフルにペイントされた看板や、鮮やかな衣服を身にまとったお洒落な女性たちの姿。

(カラフルなペイントの車を発見。よく見るとタンザニアカラーなんです。)

 

 

しかし、さすが経済成長期のタンザニア。

ダル・エス・サラームの中心街に行くと、高層ビルやガラス張りのオフィスが建っていて、‛さっきのローカル感はどこに行ったの?!‘と思ってしまいます。

 

しかし、それでも大通りから一本中の道に入ると、現地の人が訪れる市場や露店を見かけられるのが、タンザニアのおもしろいところ。

目まぐるしい速さで成長が進むタンザニアでは、訪れるたびに違った風景が見られます。

「去年はあんなビル無かったな~」「こんなに成長しているの?!」といったメンバーの声もありました。次に訪れたときにはどんな風景が見られるのか、楽しみですね。

 

ーーーーーーーーー

 

2. 珍百景編

次に、タンザニアで見つけた珍百景特集です。

「何この看板?!」「なぜこんな店名なの?」など、タンザニアで見つけたナゼ?を紹介していきたいと思います。

 

珍百景① MAJI?!

ホストファミリーに、車でショッピングモールへと連れて行ってもらっていた時のこと…

ある看板が目に入りました。

大きく〈Maji〉と描かれています。

…えーと、見間違いじゃないのか?と思いましたが、何度見ても〈Maji〉。

〈Maji〉とは一体何なんでしょうか。

 

文字の横の写真で気づいた方もいるかもしれませんが、実は、〈Maji〉はスワヒリ語で〈水〉という意味なんです。

そのため、タンザニアの街ではこのような看板を頻繁に見かけました。

 

幼稚園でも、子供たちが‛Ninataka Maji!(=お水が欲しい!)’と言っていたとか。

〈Maji〉というワードを聞くと、日本人もつい反応してしまいますね。

 

 

珍百景② 謎のSANSIRO

こちらもある日車に乗っていた時のこと…

お店の名前に注目してください。

さんしろう…ですね。

この看板を目にした瞬間、ふと最近人気のお笑い芸人が頭に浮かびました。

恐らく、彼らとは全く関係ないと思いますが…(笑)。

 

このお店は、どうやら服や靴などの衣料品を売っているお店のようです。

残念ながら、何で〈SANSIRO〉なんだろう?という謎は解明できませんでした。

 

 

珍百景③ Google?

ある日の午後、Mbagara(バガラ)という、現地の方々が食料や衣料品を調達する市場に行ったときのこと…

疲れたメンバーたちは、Youth(タンザニア人ボランティア)の一人の行きつけのパブに連れて行ってもらえることに!

そのお店が、こちら。

〈Google Search Pub & Restaurant〉です。‘どこらへんがGoogleなの…?’と気になったメンバーは店内へ。

 

お分かりかと思いますが…普通のお店でした。

気になったことといえば、ウェイトレスのお姉さんたちがとてもフレンドリーで目が合うたびにニコニコしてくれたこと、ムシカキ(串に刺さった焼き鳥のようなもの)がとても美味しかったこと…。どこらへんにGoogle 要素があったのかは、結局謎のままです。

 

珍百景④ 道端に並ぶ家具たち

最後の珍百景です。こちらも街に出た時のこと…

なんと、ベッドのフレーム、ソファ、椅子、ドアなどたくさんの家具が道端に並んでいます。

これらのお店は家具屋さんで、並べられているソファやベッドは売り物のようです。

「砂ぼこりかぶりすぎでしょ(笑)何も道端に置かなくても…」「日差し強すぎて変色してない?」と心の声をつい漏らしそうになりましたが、これもタンザニアンスタイル(?)ということで、受け入れることにしました。

 

 

ーーーーーーーーーーーー

 

どうでしたか?タンザニア珍百景

どこの国に訪れても、カルチャーショックを受けることはよくあると思いますが、

タンザニアという遠い国の文化や人柄、雰囲気などの違いに驚き、衝撃を受けたメンバーは多かったようです。

いい意味でも悪い意味でも、日本の常識は通用しません。(笑)

 

みなさんも、機会があればぜひ訪れてみてください。きっと、毎日が新鮮で刺激的なこと間違いなしです!

 

――――――――――――

ASANTE×requpo新企画進行中!

あなたのキレイが誰かのミライに

あなたがキレイになれば、

アフリカの子どもたちのミライにつながります。

「あなたのキレイが誰かのミライに」

一度、試してみませんか?

参加方法はとってもシンプル。

専用URLからアプリをダウンロード↓

ASANTE専用リンク

アプリを使って美容室に行く。

詳しくはこちらから!

今、話題沸騰中のベンチャー’requpo’×Asanteの共同企画!募金でも寄付でもない。新しい国際支援のカタチを提案します!

1 2 3 4 5 6 28

ASANTE PROJECTの活動のご報告

活動のご報告・お知らせ

Asante Marketってなに?〜タンザニアの魅力を日本でも!〜

  こんにちは! 気温も少しずつ下がってきて、過ごしやすい気候になりましたね。 平成最後の夏、みなさんはどう過ごされましたか?   Asante Projectは、現在タンザニア渡航の真っ最中。 今回 … Read More

企業の皆様からのご支援

[株式会社文運堂]様から、ノート500冊のご協賛をいただきました。

※株式会社文運堂様 ホームページ http://www.bunundo.co.jp ​ 小学生向けノートのパイオニアである株式会社文運堂様は、明治40年代から様々な文房具を販売しています。 文運堂様の像のマーク、そして「 … Read More

現地の写真をぜひご覧ください

現地の写真をぜひご覧ください
現地で撮影した写真を掲載しています

私たちが撮った現地の写真を掲載しております。アフリカの子どもたちの今を、ありのままにお伝えしたいと思っています。もっともっと、笑顔の子どもたちを見られるように活動し、楽しんで学べるよう、学生の目線からの活動を続けてまいります。