アフリカの様々な感染症。どのくらいご存じですか? 

こんにちは!

ASANTE PROJECT大阪支部です!

まだまだ以前のような生活に戻れていない中、皆様はいかかお過ごしでしょうか?今回はこのコロナ禍に関連し、「アフリカの感染症」についてお伝えしていきます!

 


 アフリカの三大感染症

皆さんは「三大感染症」というものをご存じでしょうか?

エイズ結核マラリアの三つの感染症をあわせて「三大感染症」と呼ばれています。対策に要する経費負担が大きく地球規模で社会問題となっている感染症です。アフリカも例外ではなくこの三つの感染症が以前より大きな問題となってきました。

 

エイズは免疫を低下させる病気。結核などの他の感染症の拡大を助長し深刻な問題となっています。「性的感染」「血液感染」「母子感染」と感染経路が多く、蔓延の大きな原因となっています。

マラリアはマラリア原虫という寄生虫を持つハマダラ蚊から感染し、感染後24時間以内に治療しないと重篤化し、また致死率が高い感染症です。日本でも1950年代の終息まで度々流行していました。ちなみにかの平清盛やアレクサンドロス大王もマラリアで死亡したと伝えられているんですよ!

医療体制を整えること、水や衛生の設備を整えること、食料、栄養を十分に取ることを中心に様々な対策、支援が取られています。

対策費用や治療費が足りず感染者が増えた結果、労働者が減りより深刻な経済的打撃を受けるという悪循環も大きな問題の一つです。

 

 エボラ出血熱

先ほどの「三大感染症」のほかに2014年に大流行した「エボラ出血熱」も有名です。ニュースなどでも大きく取り上げられたので記憶に新しい人も多いのではないでしょうか。

ギニア、リベリア、シエラレオネ、マリ、ナイジェリアで大流行した後、2018年からはコンゴ民主共和国でパンデミックが起こりました。

・エボラ出血熱とは?

エボラ出血熱はエボラウイルスによる感染症で患者の体液などから感染し、致死率は20%から高いものでは90%にもおよびます。

2014年のアウトブレイクではおよそ1万1000人が犠牲になりました。

効果的な治療法は無く、対症療法での対応を迫られます。

 

最近、エボラ出血熱の終息宣言が出されたのをご存じでしょうか?

コンゴ民主共和国東部はウイルスの封じ込めに成功したとして25日に終息を宣言しました!ワクチン接種が徐々に効果を発揮したようです。

新型コロナウイルスが流行中の今だからこそ、うれしいニュースですね。

しかし、北西部では今月から再流行している上、新型コロナウイルスの予防も迫られ、感染症との闘いがまだ続いている様子です。

 

 コロナウイルス

アフリカでは他地域のような感染爆発は起こっていません。

特に流行初期、感染者の急速な増加は抑え込まれていました。

今までエイズやエボラウイルス等の流行から、感染症に対する経験があった、また先に中国や欧米で感染が広まったことから早期に対応することができた、という見方もされています。

しかし、対策の強化が呼びかけられていることには変わりがありません。

未だ感染者が1000人以下と少ない国もたくさんありますが、

南アフリカ、エジプト、ナイジェリアなどを中心に感染は拡大を続け、6月22日にはアフリカ大陸全体での感染者数が30万人を超えました。

他の感染症の蔓延も続く中、さらなる感染拡大、医療崩壊に対する懸念が強まってきています。

様々な感染症に対する経験のあるアフリカ、しかし医療体制が逼迫しつつあるアフリカは、これからどのような道をたどっていくのでしょうか。

感染症による被害を最小限に抑えることはできるのでしょうか。


 

いかがでしたでしょうか。

感染症は感染した人への被害だけでなく、社会や経済に大きな影響を与える重要な問題です。

また私たちが現地に渡航する際には十分な対策を取らなければなりません。今回紹介した以外にも様々な感染症が存在しています。渡航したい方も、渡航の予定がない方もご自身の興味のある国の感染症について詳しく調べてみるのも良いかもしれませんね。

キテンゲドレスを作りました!

こんにちは!ASANTE PROJECT東京本部です!
年が明けてからあっという間に2月に入り、第8回渡航出発が近づいてきました。

さて、さっそくですが、こちらの言葉をご存知ですか??
タンザニアンや私たちの活動にも大きく貢献してくれている「キテンゲ

キテンゲはスワヒリ語で「」という意味なんです。

以前、東アフリカ伝統の生地、「カンガ」をご紹介しましたが、
(詳しくはこちら→https://asante-project.com/information/maneno-ya-kanga/
キテンゲもタンザニアなどの東アフリカに広く浸透しています。

私たちが運営するASANTE MARKETでの商品はこのキテンゲから手作りで小物などを作成して販売しています。


ポーチや


ピアス・イヤリング

他にもブックカバーなどたくさんの商品があるので、ぜひのぞいてみてくださいね!
https://asantemarket.base.shop/

ASANTE MARKETの商品で使用する布は、メンバーが現地で直接購入しているのですが、市場に行くとこんな風に、様々な色のさまざまな柄のキテンゲが置いてあるんです。
たくさんありすぎて選べません!笑

日本にはない柄で鮮やかですよね。
明るくて鮮やかな衣服を身にまとった人々が街に溢れており、街はとってもカラフルです!

では、現地の人たちはどのようにキテンゲを使用するのでしょうか?

 


赤ちゃんの抱っこ紐にしたり

 


コースターにしたり

 


ドレスにも!

日曜日の教会がある日、女性はみんな色鮮やかなキテンゲドレスに身を包み、ドレスアップするんです。
とても素敵で綺麗な伝統文化だと感じます。

 

というわけで…
実は私たちも作ってもらいました!


第6回渡航にて

 


第7回渡航にて

男性もズボンやシャツが作れるんです!
それぞれ採寸してもらい、形を選んで作って頂きました。

 

キテンゲのドレスを着るだけでなんだかアフリカンになった気分で踊りだしたくなりました笑

 

現在は、CLOUDYさんなど、日本でもキテンゲを扱う団体やお店が増えているので、みなさんも良かったらキテンゲを身につけてみてください!

第8回渡航でもタンザニアで布を購入してきて、ASANTE MARKETの新商品を作る予定なので、ぜひお楽しみに!!

1 4 5 6 7 8 9 10 49

ASANTE PROJECTの活動のご報告

活動のご報告・お知らせ

他団体様との関わり

みなさんこんにちは!ASANTE PROJECT大阪支部です。   少しずつ秋の気配が近づいてきた頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。   さて、今回はさまざま形でASANTE PROJECTに協力し … Read More

企業の皆様からのご支援

[株式会社文運堂]様から、ノート500冊のご協賛をいただきました。

※株式会社文運堂様 ホームページ http://www.bunundo.co.jp ​ 小学生向けノートのパイオニアである株式会社文運堂様は、明治40年代から様々な文房具を販売しています。 文運堂様の像のマーク、そして「 … Read More

現地の写真をぜひご覧ください

現地の写真をぜひご覧ください
現地で撮影した写真を掲載しています

私たちが撮った現地の写真を掲載しております。アフリカの子どもたちの今を、ありのままにお伝えしたいと思っています。もっともっと、笑顔の子どもたちを見られるように活動し、楽しんで学べるよう、学生の目線からの活動を続けてまいります。